的中!サウサンプトン、今季リーグ戦でいまだ勝ちのないシェフィールドに容赦なし!

プレミアリーグ20-21 第12節
サウサンプトン vs シェフィールド・ユナイテッド

首位を射程圏に捉えているサウサンプトンが迎え撃つのは、ここまでで勝ち点わずか1のシェフィールド。

決めたゴール数もわずか5本と精彩を欠き、平均ゴール数で見ると0点台に落ち込んでいるシェフィールドには荷が重い試合になる。
ということが容易に想像できます。

キャプチャ元:google

結果はご覧の通り。

なんの因果か、先制のゴールを決めたのは元シェフィールドのチェ・アダムス。
って聞くと、勝手に因縁めいたものを想像してしまいますね・・・

シェフィールドは、1部に昇格した去年は9位でシーズン終わってるんです。それがここまででまだ、1勝もしてないですからね。

とりあえずベットする前に両チームのデータを見てみると、この試合の勝敗は確定的に明らか。

そう判断してもいい位の差がありましたね。

キャプチャ元:footystats

シェフィールドはまだ勝ち点1なんでね、真っ赤ですよ。全試合の平均勝ち点0.09という絶望的な数字。

迎え撃つサウサンプトンは、うん悪くないかな。

キャプチャ元:footystats

今季の両チームの成績からは意外なことに、直接対決のデータを見ると、見た目上は完全に互角なんですよ。

ただシェフィールドは長く2部にいた分、試合間隔がすごい空いてるんで本当の意味での互角ではないすけどね。

キャプチャ元:google

この試合のスタッツですが、しっかり数字にも現れてます。

サウサンプトンが22本のシュートを打ったのに対して、シェフィールドは僅か3本です。他の数字を比較してみても完全にサウサンプトンが圧倒してました。

これだけの戦力差があったにもかかわらず、オッズは意外と高めだったんですよ。なので、ちょっと警戒してベット額を下げました。

ベッティング元:10bet Japan

その代わりと言ってはなんですが、ダブルチャンスとドローノーベットという項目に倍額ベットして保険をかけてたので、実際にはもうちょっと多めの利益を獲得できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました