ベンフィカ、連勝中のフェレイラを退け、首位スポルティングに2ポイント差と迫る!

プリメイラ・リーガ20-21
第9節 ベンフィカvsパソス・デ・フェレイラ

この試合はフェレイラが先制しました。
オレグのダイレクトボレーが、気持ちいい位キレイに決まりましたね。

連勝中の勢いそのままという感じ。といってもボール支配率で見ると圧倒的にベンフィカが優勢、少ないチャンスをしっかりモノにしたといったところです。

当然ですが、ベンフィカもこのままで済ませるわけにはいきません。

過去の直接対決で見ても、ベンフィカの対フェレイラ戦は勝率8割。完全にカモにしてるんじゃないかというくらいの数字です。

とはいえ、フェレイラもよくしのいで1-0で前半は終了。

後半は逆にベンフィカが同点ゴールを決めてくれました。

58分、相手ディフェンダーの股を抜くギルベルトのクロスに合わせて、走り込んできたラファがゴール右隅にシュート。

この後は試合が激しく動きます。

両チームともに選手の交代枠を使い、合わせて4枚のイエローカード。

フェレイラもそう簡単にカモられるワケにはいかないという、意地が見えました。実際、ドローで終わる寸前まで行きましたしね。

ロスタイム4分、もう残り30秒あるか?
というタイミングで、ガブリエルのパスをヴァルトシュミットが頭で押し込んで勝ち越し。

当然このまま2-1で試合終了です。

辛くも勝利したベンフィカは、これでスポルティングに2ポイントと迫り、2位に。

いや~、危ない危ない・・・

ベンフィカの勝ちにしかベットしてませんでしたから、冷や汗ものでした。

ベッティング元:10bet Japan

ダブルチャンスでベットしていれば、引き分けでも勝ち判定になるんですけどね~

いかんせんオッズが、1.05とか、0いくつという数字なんでね・・・。100万とかベットできるほどの資金があれば、手を出してもいいんだろうけど・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました