主力をベンチスタートさせたミラン一時0-2も、反撃実り4-2と逆転しグループステージ突破決めた!

UEFAヨーロッパリーグ20-21
グループH第5節 ミランvsセルティック

勝ち点7で2位に着けているミラン。グループステージ突破が濃厚と見たか、主力を半分ほどベンチスタートさせた。

ところが試合開始早々7分に失点。続けて14分に追加点を奪われ0-2とされてしまう。

試合の入りこそ主力外しが裏目に出た形になったが、これで目を覚ましたミランの反撃を止めるすべはセルティックにはなかった。

反撃を開始したミランは、24分にチャルハノールがFKを直接決める。その直後、26分にカスティジェホがゴールを決めて、またたく間に試合を振り出しに戻す。

という怒涛の展開。

それ以降は一進一退という感じで、前半は終了。

後半は開始5分で、ハウジがディフェンダーを3人かわしてゴールを決めましたね。

これで勝ちを決めたいミランは、3点目以降パス回しの割合を増やすことで、試合のテンポを少し落としたような感じに見えました。

逆に負けたくないセルティックは、果敢にミランゴールを脅かそうと積極的に攻めるんですけど、中々結果に結びつかず・・・

むしろ82分にブラヒムがゴールを決めて4-2。

残り時間を考えるとこれはミランの勝ちで決まり。やっぱり底力ありますね~

いきなり2点先制された時はヒヤヒヤでしたけど、速攻で同点にしましたからね。ひとまずは安心という感じ。

後半開始5分にミランが先制した時は、「よーしよしよし」と心の中で言ってしまった。

連日いつもより多くベットしてますが、むしろ以前の負け分と相殺して、これでようやく元に戻せたって感じです。

もっと余裕を持ってベットできるようになりたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました